視力でお困りなら

〓神戸で長年の実績(1973年開設)を持つ
 唯一の視力回復センターです!!〓


メガネ・コンタクトに頼る生活にピリオド。
視力回復で気分もすっきり。
自宅でできる視力回復トレーニング。

幼児から大人の方まで、幅広く多くの方々が視力回復に取り組まれています。
親子、兄弟でとご家族でトレーニングされている方もいらっしゃいます。
あなたもあきらめないで下さい。あなたにもあります「視力回復力」!!
先ずは、視力回復度チェックなど、初回無料のカウンセリングを
受けてみてください。

078-231-4976(ヨクナロー)(代)
電話受付:毎日午前10時~午後7時

〓INFORMATION〓




2021-06-29
受付時間の変更・臨時営業のお知らせ 20210629
●受付時間の変更 
7月11日(日)
8月 1日(日)
11時~17時まで
に変更させていただきます。
●臨時営業 
7月22日(木・祝日)
23日(金・祝日)
11時~17時まで
臨時営業させていただきます。
0120-09-4976(ヨクナロー)
電話受付:毎日午前10時~午後7時

2021.06.06

『視力検査結果』はいかがでしたか?

あじさいの花が色鮮やか季節となりました。

「視力検査結果のお知らせ」は370方式で検査をし、
「A」「B」「C」「D」のランクで通知されます。
「A」1.0以上
「B」0.7~0.9
「C」0.3~0.6
「D」0.2以下

前回は「C」、今回も「C」。
でも、安心しないでください。
視力0.6も0.3も同じ「C」ランクです。
もしかすると、下がっているかも?

特に昨年は、新型コロナウィルス感染拡大防止のため緊急事態宣言が発令され、外出自粛、
児童・生徒は一斉休校、オンライン授業。大人の方はテレワークなどの影響で急激な視力低下を
訴える方々が多く見受けられます。また、授業でも自宅学習でもデジタル化が進み、目を取り巻く
環境の悪化により、ますます目に負担がかかり、より一層、視力低下に拍車がかかっています。
学校の視力検査はスクリーニングのため、正確な検査結果が出ない場合があります。
これを機会に早めに専門の施設で検診を受けられてはと思います。
緊急事態宣言が延長され外出自粛が要請されていますが、当センターの視力回復トレーニングは
センターに毎日通う必要はありません。1回8分~12分。ご自宅でご都合の良い時に行えます。
早期対処が早期回復に!!
視力回復のご相談はお気軽にどうぞ。
0120-09-4976(ヨクナロー)
電話受付:毎日午前10時~午後7時



2021-05-08
臨時営業のお知らせ
皆様にご利用していただきやすいように、
臨時営業させていただきます。
20200623
当面の間、定休日(水・木・祝日)を
予約制にて営業させていただきます。
受付時間外のご希望も可能な限りお
受け致します。
先ずは、お気軽にお問合せください。
0120-09-4976(ヨクナロー)
電話受付:毎日午前10時~午後7時

2020-04-12
新型コロナウィルス対策についてのご案内 20200412
新型コロナウィルス対策についてのご案内
 皆様におかれましては新型コロナウィルス感染症の対応に
ご尽力されていることと存じます。一日も早い終息を願って
おります。
新型コロナウィルス感染症について、皆様の安心・安全確保の
観点から下記の対応を行っております。
初めての方へ
 外出自粛要請のため『STAY HOME』が余儀なくされ、目を
取り巻く環境の悪化によりお子様の視力低下がご心配の方も多
いと思います。
十分な対応を行うことで予防、回復することは可能です。
当センターの視力回復トレーニング法は、一度センターで指導
を受けられますと、後はご自宅でご都合の良い時に行えます。
個別に対応させていただくため、受付時間外のご希望も可能な
限りお受けいたしますので、安心してお問合せください。
会員の方へ
 現在、定期検査・トレーニング指導などアフターフォローを
通常通り行っておりますのでご利用ください。
ご来所がしばらくご無理な方は、お電話・メールで対応させて
いただきますので、お気軽にご連絡ください。
今後も可能な限り、適切な環境の保持のため努力いたしますの
でご理解賜りますようお願い申し上げます。
0120-09-4976(ヨクナロー)
電話受付:毎日午前10時~午後7時

2019-12-22
令和元年度 学校保健統計調査の結果 速報
裸眼視力が1.0未満者は小学校、中学校及び高等学校で過去最多。
 
    ●幼稚園:26.06%
    ●小学校:34.57%
    ●中学校:57.47% 
    ●高等学校:67.64%
 
裸眼視力1.0未満の者が小学校、中学校及び高等学校で過去最多となったことに対しては、
現在、「児童生徒の健康状態サーベイランス事業(日本学校保健会)」(文部科学省補助事業)
において、視力と生活習慣に関する項目等(携帯電話・スマートフォン、読書、運動などの時
間)との詳細な分析を行っている。
 
文部科学省のサイトはこちら
※学校保健統計調査-令和元年度(速報値)の結果の概要

当センターの視力回復トレーニング方法は画一的ではなく、 視力・年齢etc.を十分把握し各自に適した最善な方法を
直接指導していますので、通信販売や出張販売は致してお りません。類似センターにはくれぐれもご注意下さい。